大人にきびの原因と治し方

インターネットや雑誌などのメディアで良く聞く「 大人にきび 」ですが、そもそも大人にきびって、思春期のときにできる" にきび " と何が違うのでしょうか?思春期にきびというのは、10台中盤から後半にできるのが特徴で、主に、額や鼻にできることが多く、その根本的な原因は、第二次性徴による、ホルモンバランスの乱れによるもの。ホルモンが急激にに分泌されると、皮脂が過剰に分泌されるので、ケアとしては、とにかくきれいに洗顔することがポイントになってきます。その場合、ゴシゴシ洗ったり、一日に何度も洗顔して皮脂を落とせばいいのではなく、汚い皮脂は落としつつ、肌にとって必要な皮脂の量は適度に保てるように洗顔することが、にきびのできにく状態にするのにはいい条件なので、洗顔料は、薬用のものやにきび専用のものを選び、化粧水は、薬用などのさっぱりしたものを選ぶといいでしょう。一方、大人にきびというのは、思春期を終えた20歳ぐらいからできるにきびのこと。主に、頬から下の部位にできることが多く、原因は、生活習慣、乾燥、間違ったケア、 ストレスによるホルモンバランスの乱れ、紫外線、冷え性、ダイエット、妊娠、更年期・・など原因はさまざま。 複数の要因が重なって、大人にきびやお尻にきびができていることも考えられます。
しかしその中でも、一番大人にきびの原因になるものは、 " 乾燥 "です。乾燥すると、大人にきびの材料である角質厚くなり、硬くなっていきます。そうなれば、洗顔だけでは落としきれず、どんどん毛穴が詰まっていってしまうことになります。とにかく乾燥させないように、洗顔後は、すぐに十分な保湿をすることです。化粧品を選ぶ際は、保湿力のたかいものを選びます。大人にきびは、一度できるとなかなか治らない厄介者なので、根気よく保湿を続け、治していきましょう。

大人にきびと化粧品の関係

つい先日、急遽友人宅へ泊まることになりました。ミニ忘年会ということで、お酒大好きの友人が、「 久しぶりに二人で語ろう!! 」というので、金曜日友人宅へ行くことになりました。私はそんなに飲めるほうでもないので、" ノンアル "を持参し友人宅へは車で15分ぐらいかけて向かいました。友人の飲む酒やつまみなど袋いっぱいかってきて、さぁ!乾杯☆ ・・となったとところで、" ちょっとまったぁぁぁ!! "がはいりました。どうやら私のノンアルが気に入らなかったようです。 すぐに撤去され、友人と同じビールを空けることに。車で来た私はこれで、1泊確定です。
そして、明け方まで飲んで、昼過ぎに起きると、友人はすでにおきて家事をしていました。久しぶりに友人のすっぴんを見たのですが、すごいにきび肌とにきび痕でびっくりしました。多量のお酒と夜更かしは、にきびのできやすい環境で、美肌には大敵です!!友人はきっとひごろから、しょっちゅうこんな生活をしているのではないか??と頭によぎりました。。その日は、私は夕方から車屋で、タイヤを替える予定をしていたのですが、ドすっぴんもいやだったので、友人にアイブロウと化粧下地を貸してくれないか?と聞くとポーチをガシャッ・・!  と、投げ貸してくれたので、あけると、ポーチの中は、ラメラメまるけで、ファンデーションのパフはむき出しで入れてある・・!パフは、これま洗ったことも買い換えた形跡もないぐらいファンデがついていて、ガチガチ・・!ラメもついてる始末。。これでは、化粧をするたびに、毎回肌に雑菌を塗りたくっているのと同じだと思いました。化粧品は、目には見えない雑菌が無数についているので、こまめに買い換えたり、中性洗剤などできれいに洗わなければ、にきびの原因になったりにきびの炎症に入り込んでさらに悪化させたりするそうです。だらしない性格の方は、肌にも現れます!!見直しましょう。

《最新版》ニキビケアおすすめランキング※ニキビを治す方法を徹底解説

私は、昔からコンプレックスといえば、「 にきび 」です。

思春期はじめごろには、チョン・・チョン・・とあるぐらいだったにきびがじょじょに増え始め半年後には一気に顔全体に広がって、顔全体がブツブツになってしまう。という状態になってしまいました。もちろん、思春期にきびは誰でもおこりうる現象で、私の周りにもにきび面の子がたくさんいましたが、一方で、にきびとは無縁。というぐらい肌が白くてきれいな肌の子もいたので、自分にとってコンプレックスでしかなかったです。でも、思春期にできるにきびは、成長期によるホルモンバランスの乱れでできるものだと知っていたので、ある程度納得していたのですが、20歳ごろになると、顔全体にできていたにきびが、口周りに集中してでき始め、いわゆる大人にきびに移行していったのです。実は、大人にきびの原因は、思秋期にきびができる原因とは違って、ストレスや、生活習慣によるもの、食生活によすもの、間違ったスキンケアなど、さまざまなのですが、私は、そのどれも当てはまるぐらい、にきびのできやすい環境にあったので、一向に治りませんでいた。でも、大人にきびは、自力では層にもならない二次性徴期によるものではなく、妊娠や更年期を除けば、自分で大いに改善できるものなので、あきらめてはい毛内と思いました。たとえ、ストレスをためてしまっても、十分な睡眠があれば、ストレスは解消され、肌のターンオーバーも正常に行われます。普段から、カップラーメンや脂っこい食事を好んでいれば、野菜中心の食習慣にします。それから大人にきびは乾燥することが大敵なので、保湿力の高い化粧品を使って十分な保湿をします。面倒くさいように思えますが、いつも行っていることを少しづつ帰るだけで、にきびは防ぐことはできます。にきびの無いきれいな肌は1日1日の積み重ねとも言えるでしょう。

ブックマーク

更新履歴