大人にきびと睡眠の関係

夜更かししていた次の日の朝って、自分の顔を鏡で見ると、いっぱいにきびができていたり、たるんでいたりしませんか?1日だけならまだしも、日ごろから、夜更かしをする生活習慣の人は、睡眠不足のからだになっているので、熟睡している人と比べて肌が荒れやすいじょうたいです。睡眠不足は肌に悪い影響をもたらすのは、常識ですが、成人してからできる" 大人にきび " は、一度できるとなかなか治らないという特徴があるので、十分な睡眠をとることが、美肌への近道です。・・というのも、にきびを治したり、肌をきれいにする修正作業は、睡眠中に行われているからです。睡眠リズムが乱れれば、肌も乱れることになります。また、睡眠が十分に取れていないと、自律神経の乱れにつながり、イライラしたり、落ち込んだりりします。ストレスがたまると、交感神経が活発になるので、男性ホルモンが大量に分泌され、にきびが発生しやすくなります。しかし、単に睡眠時間を長く取ればいい。というわけでなく、肌にとっていい睡眠をとることが大事。肌のゴールデンタイムといわれる夜10時から深夜2時までの間に、脳が休まり熟睡している" ノンレム睡眠 "をとっていることがカギとなります。入眠からおよそ3,4時間が肌のターンオーバーが行われることが多いので、夜10時から11時に寝るのが、にきびのないきれいな肌でいられる生活習慣といえるでしょう。