冬こそ多い、にきびトラブル

夏場は、紫外線を多く浴び、汗をかくことから肌にとって、一番お肌に悪くにきびなどのあれをしやすい季節と思われがちですが、実はそれは勘違いです。もちろん、夏は厚いので、汗をかくことによる、雑菌の繁殖や、エアコンの効きすぎた環境にいることで、乾燥しがちなこと、そして、紫外線を浴びることによってお肌にダメージを与え、老化を招く原因にもなります。しかし、夏場よりも冬のほうが肌にとってにきびなどdの肌トラブルがおきやすい季節といえます。冬場は、寒くて空気が乾燥します。その上、ヒーターやエアコンの効いた部屋にいると、乾燥している空気をさらに乾燥させます。日本の夏場は、どちらかというとジメジメしているので湿度でエアコンの効いた部屋に四六時中いることが無ければ、乾燥は防げますが、冬場は加湿器を使ったり自ら保湿対策をしなければ、乾燥するばかりです。私自身、肌がデリケートなほうなので、冬場はのどが渇いいて、結構水分を取るし、肌が乾燥して無意識に掻いていることが多々あります。
そして意外にもにきびができやすいんです。実は、にきびの一番の原因となるものは、乾燥です。普段から、にきび肌の人は、肌の水分が少なく、保水力が低くなっていることが考えられます。また、にきび肌の人にありがちな間違ったケアとして、化粧水後の乳液をつけないことです。にきびは、保湿することで、防ぎ、治す力を発揮するので、化粧水後は、しっかり美容液や乳液をつけなければ、改善しません。冬場は、意外ににきびができやすいので、加湿器をたいたり、保湿をしっかりして、乾燥対策しましょう。