大人にきびはストレス解消がカギ

20歳ころからできるにきびを「 大人にきび 」と呼びますが、大人にきびの原因は、一つや二つでなく、さまざまな原因が考えられます。原因を大きく分類すると、身体の外側から生じるもの、内側から生じるものに分けられます。外側からというのは、毎日の洗顔だったり、スキンケアだったり、空気の乾燥によるものだったりです。一方、内側からというのは、ストレスだったり、内臓のトラブルによるものだったり、食生活だったり、自律神経であったり、結構多いです。外側から生じる、外因性のものならば、高保湿の化粧水をつかったり、加湿器をつかったり、自分でなんとかできますが、内因性のものは、原因が特定しにくいので、自己判断で治すのにはかなり難しいといえます。そこで、にきびを治すポイントですが、できる部位によって、判断することです。ストレスによってでくるものは、ストレスで消化機能がしっかり働いていないことが原因のひとつとして考えられるので、主に額の上部にできます。ストレスとなるイライラの防止には、皆さんご存知の" カルシウム ”をとることで解消できます。牛乳やヨーグルト、小魚がおすすめです。日ごろからストレスを感じない生活を送ることが理想ですが、その人の性格や、仕事の環境などで、自分ではコントロールできなかったりします。そんなときは、食事からのカルシウムの摂取のほかに、サプリメントで補うこともできます。サプリメントなら、きがるにドラッグストアや通販で手に入れることができ、食事からよりも、豊富なカルシウム、そのほかの栄養素も摂取することができるのでおすすめです。