大人にきびにきく漢方薬

大人にきびに悩む人の多くは、自分にあった治療法がわかっていません。できてしまったら薬を塗ったり、食生活に気をつけたり・・。なんとなくでやっている。という人が多いのではないでしょうか?それもそのはず。大人にきびは、食生活、睡眠不足、乾燥・・。など自分で改善できるものもあれば、ストレス、ホルモンバランスなど、体の中の目に見えない部分が原因になっていることが多く、なかなか治すことができません。どうしても治すことのできないにきび治療には、漢方を試してみることがおすすめです。漢方には、にきびのできる原因によって、適した薬があるので、原因を特定しやすく、効き目もはっきりしています。当帰芍薬散(トウキシャクシャクサン)は、ホルモンバランスを調整する効果があり、月経不順や更年期障害の治療で使われることの多い漢方薬です。ストレスで起こりがちなホルモンバランスの乱れによって、にきびができている人に効き目があります。 ケイシブリョクガンカヨクイニンは、血液の流れをよくし、古い血液が滞ることを解消させる働きがあります。にきびの原因となる、冷え性を改善し、体を温める働きがあります。清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は、熱を持ったにきび、炎症したにきびを鎮める効果があります。にきびの中でも、赤にきびが多い方に効き目があります。ほかにもにきびに効く漢方がありますが、薬剤師や医師と相談して、自分に合った漢方薬を使いましょう。